インタビュー

子供用の着物を羽織っているのが別府っぽい。



ー 別府に来たきっかけはなんですか?

大学入学の為に別府に来ました。地元の大学は当たり前のような環境が当たり前の様にあって、楽しみを覚えられそうになかったので別府の大学を選びました。
別府に来た時は交通機関も満足になく、家の周りにはスーパーも徒歩圏内に無くて不便でしたが、今では地元よりも別府が大好きです。別府の地元の方々と知り合う事も出来て、沢山の方と交流し楽しい思い出を作ることが出来ています。

風呂上がりに旅館さくら屋の一室にて。



ー 別府の街の第一印象は?

都会では感じることが少ない、人と人との関わり合いが強い街だと思いました。
初見の人にも気さくに声を掛けてくれる人の暖かさを感じられる街だと思います。
海と山がすぐ近くにあっていつでも自然に行ける環境にありますし、週末キャンプや車でドライブがてら山に行ったりできて最高の場所です。
温泉には月に2回ぐらいは入りに行きます。友達と一緒に行ったり、1人で行ったりもします。友達とゆっくり話しながら入るのも楽しいし、1人でのんびりとくつろぐのもリラックスできて好きです。

鉄輪温泉。ヤングセンターのヤングの文字が。



ー 別府の地元の方との交流など、実際に参加したイベントなどはありますか?

別府の方との交流はここ1年でとても増えました。お神輿担ぎでは、別府をこよなく愛する方々と一緒に1年の幸福を願って街を歩いたり、「着物馴染」という着物を着て街を歩くイベントに参加したりしました。着物を着てお茶をしに行くという、簡単そうでなかなか出来ない日本人の心をくすぐられるようなイベントで楽しかったです。別府だからこその雰囲気でのイベンドが多く、何より地元の方達と仲良くなれるのが嬉しいです。

着物馴染フォトギャラリー



ー 別府で好きなお店や場所があれば教えてください。

別府は面白いお店が沢山あって1つは選べません!
強いて言うなら、沢山の出会いをくれた元町バーです。バーテンダーが大学の先輩で面倒見の良い方です。お客さんも気さくな人が多くて、この場所で別府在住の方と知り合うことが出来て別府ライフが相当楽しくなりました!!
あとは田の浦ビーチも好きな場所です。友達とサイクリングに行ってピクニックしたり、休憩で寄ったりします。

ジーンズとTシャツの上に、浴衣を着崩して。



ー 別府で生活して驚いたことはありますか?

初めて別府に住み始めた頃、家の隣が温泉だったんですが、それが原因かはわかりませんが洗濯機の中から硫黄の匂いがしました(笑)洗濯すれば匂いは落ちますが、ビックリしました。

家族湯の脱衣所に、子供用として置いてあった浮き輪。



ー 温泉で撮影してみていかがでしたか?

一言で「緊張」でした。初めての経験だったのでとてつもなく緊張してました!(笑)
でも、温泉で温まって、だんだん撮影していくうちに緊張も解けてきて楽しかったです!

撮影した時はザボンの季節。



ー ありがとうございます。最後にこれから別府に来る人へメッセージを。

別府は温泉が有名ですが、何よりも人が最高です!
温泉入って終わりじゃなくて、夜にどこかちょろっと外に行ってみて下さい!面白い人が沢山いますよ!



フォトギャラリー




モデルプロフィール

名前 Name 年齢 出身 職業 将来の夢
ちゃき CHAKI 22歳 神奈川 APU学生(立命館アジア太平洋大学) 平和な世界と世界一周の旅

クレジット



写真撮影・インタビュー:東京神父
撮影協力:やすらぎのある宿 旅館さくら屋、別府市、別府市温泉課、由川洋子(女将)、着物馴染(撮影:東京神父)、福田有笑(主催)、神麻章代(ゑり章店主)。

撮影のメイキングはこちらから。
変わった子が馴染める街、別府。

1ページ目へ戻る