「花人湯我」

花人湯我とは花も人も湯も全ては移ろいゆくけれど、全ては自分(我)次第でどうにでもなるという意味の造語。「花は桜木、人は武士。湯は九日天、我れ花田。」の頭文字を取ったもの。別府で古民家ゲストハウス「In Bloom beppu」を営んでいる花田さんは熊本県出身。熊本地震がきっかけで別府に移住した花田さん。自分の意思で別府に移住した彼が見た別府とは?

Interview & Photo Gallery ▶︎

九日天温泉

住宅街にひっそりと佇む古き良き温泉。

「九日田の湯」という名で古くから湧出していた温泉。昔は「供日天湯」「九日の湯」などと呼ばれていた。現在のブロック造りコンクリート塗りの浴舎は、1965年7月、国立別府病院田の湯病棟の閉鎖を機に取得された用地に公民館とともに建築されたもの。入る時間帯によって、お湯はかなり熱め。


温泉概要

  • 名称

    九日天温泉

  • 住所

    〒874-0908 別府市上田の湯町15-8

  • 営業時間

    6:00〜11:00/14:00〜23:00

    休み:なし

  • 入浴料金

    ¥110

  • 泉質

    炭酸水素塩泉

  • 特徴

    準備中

  • 地図