「脱力温泉青い人」

「頑張らないことを頑張る」そんな一見すると怒られそうなことを言うちひろちゃん。リラックスして、人の目が気にならない別府だから許される脱力する生き方とは?一度ハマると抜け出せない別府の魅力と共にお楽しみください。

Interview ▶︎

永石温泉

ミニ竹瓦温泉と
呼ばれる市営温泉。

階段を降りると湯船がある別府ならではのスタイル。その昔、弘法大師が投げた石の落ちた場所から湯が湧いて「投石温泉」→「永石(なげし)温泉」になったという説や、朝一晩のうちに木造の温泉場が出来上がっていたので「一夜温泉」と呼ばれるようになったという言い伝えなどがある不思議な温泉。市営温泉なのでもちろんタトゥーもOK。


温泉概要

  • 名称

    永石温泉

  • 住所

    〒874-0941 別府市南町2番2号

  • 営業時間

    6:30~22:30 定休日:年末大掃除日(不定)

  • 入浴料金

    110円

  • 泉質

    単純泉

  • 特徴

    準備中

  • 地図



Interview ▶︎